壬生 樹歩(みぶ きほ) プロフィール

【写真:壬生 樹歩】

大学で美術史を学ぶかたわら、日本の帽子の第一人者である平田暁夫氏に師事(「いつも蒼白い顔して、帽子箱もって走っていた」というのが、当時の大学の先生の印象)。

卒業後は、自分が帽子制作を仕事にできるとは夢にも思わず、ファッションとは無関係の玩具メーカーに勤務。一方で、美しい帽子の魔力にとりつかれ、ハードな仕事の時間をやりくりし、月末は帽子職人のもとで型づくりの習得に励む。

女性が働くには恵まれた環境だったが、「どうせ8時間拘束されるなら、恋人のことを考えるように楽しんで仕事をしなくちゃ、人生面白くないよ」という社長の言葉で、好きだった帽子の仕事をする事に決める。

本場の帽子の材料を探し、オートモード(伝統的なフランスの帽子制作)の技術を学ぶため、パリに一年留学ならぬ遊学。

1995年に帽子デザイナーとして独立。
1996年〜1998年には、御茶ノ水美術学校非常勤講師として教鞭を執る。

壬生 樹歩からのメッセージ

現在は展示会、受注会を中心に、コレクションを発表しつつ、広告関係の仕事も手がけています。 
かぶりやすく、遊びこころを兼ね備えた帽子制作、お客さまとの対話を重視し、かぶってくださる方が、自分の気づかなかった意外な魅力を引き出すための帽子の選び方、かぶり方のアドバイスにも積極的に取り組んでおります。

最近の展示会

定期的に展示会を開催しております。「Exhibition」ページをご覧ください。

サイト制作スタッフ クレジット

  • ユリ・ジュリアン(モデル)
  • 小宮広嗣(撮影)
  • 三木加奈子(ヘア&メイク)
  • Studio Phiz(サイトデザイン&構築)